オランダの映画制作会社がスマホを“第2のスクリーン”にして楽しめる作品を公開予定

Text by

  • 0
YouTube_2CFilm

YouTube_2CFilm

映画を鑑賞中に、暗い劇場内で携帯電話の画面が光るのを目にするのは気が散るものだ。もはや打つ手なし(?)と、映画鑑賞中にツイートができる専用席まで設けている劇場があるのは以前にもご紹介したとおり。ところが今度は「携帯電話はご遠慮…」どころか、「携帯電話を第2のスクリーンとしてお楽しみください」という作品が登場する。

オランダの映画制作会社が4月に公開する映画『App』は、大学で心理学を専攻する女子学生Annaがソーシャルメディアにはまり、「Iris」という謎めいたアプリから送られてくる秘密の暗号に翻弄されていく、というホラー仕立ての作品だ。

観客が事前に専用の無料アプリをダウンロードして膝の上などに置いておくと、映画の主人公Annaに送られてくる暗号と同じ暗号がスマホに送られてくる仕組みになっている。また、映画の進行にしたがって、その内容とシンクロした文字情報や、本編とは別の画像も送られてくるそうだ。たとえば、部屋に時限爆弾が仕掛けられたシーンでは、本編では明らかなにされないが、スマホには爆発までの残り時間が表示される。もちろんアプリを活用しなくてもストーリーは十分楽しめるが、映画をまた別の次元で楽しむことも可能だろう。はたしてこの試み、凶と出るか吉と出るか?

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=Nr_kSZFATtc[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking