食材をきちんと切り揃えなくては気がすまない人向け、工作マットのような目盛り付きのまな板を絶賛(?)発売中

Text by

  • 2
2d28e5a2a177b8405ce67a59548cf09c

よく料理のレシピには「◯◯を1センチ角に」とか「厚さ5ミリの薄切り」「2ミリ幅の細切り」といった指示が書いてあるが、ほとんどの人は“だいたい”のところでよしとしているだろう。でも、几帳面で何事もきちんと正確にやらねば気がすまない、あるいは料理の修業をしていて、不揃いな切り方では試験にパスできない……という人は、こんなまな板を使ってみてはどうだろう?

米ロードアイランド州の会社〈Fred & Friens〉 は、世界中からデザインを募集し、文房具やキッチン用品、パーティグッズなど、使って楽しい、ユニークなアイテムを数多く販売している。〈Fred & Friens〉のキッチングッズの1つ、〈The Obsessive Chef Cutting Board〉(超こだわりシェフ用まな板)は工作マットのような目盛りがついたまな板だ。大きさは約23センチ×30センチ。材質は竹なので丈夫で長持ちする。

普段は“てきとう”にすませている人も、下に目盛りがあると、ついそのとおりに切ってみたくなる衝動に駆られるのではないだろうか? 刺繍や編み物など、細かい作業はストレス解消になるというから、包丁でトントン野菜を切り刻むのもいいかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking