【イスラエル発】月4600円で種類を問わずカフェでコーヒー飲み放題のロイヤルティプログラムが利益を上げている件

Text by

  • 4
Facebook/Cups-Unlimited Cofee

Facebook/Cups-Unlimited Cofee

今時、カフェと名のつくところでコーヒーを飲めば300円はかかってしまう。場所を選ばなければ、もっと安く飲めるところはいくらでもあるだろうが、1日1回、落ち着いた雰囲気の店でリラックスタイムを過ごせたらどんなにいいか。

イスラエルの起業家Alon Ezer氏は、月額169イスラエルシュケル(約4600円)でカフェのコーヒー飲み放題というロイヤルティ・プログラム〈CupsTelAviv〉を立ち上げ、利益を上げている。お得なコーヒーチケットを販売したり、ポイント数に応じて無料コーヒーを提供したりするサービスは多くの企業や飲食店が実施しているが、そういったサービスは特定の店やチェーン店に限ったものだろう。

〈CupsTelAviv〉は、テルアビブ市内の個人経営のカフェや独立系フランチャイズのカフェを対象としている点が特徴だ。しかも、注文する飲み物の種類は問わない。つまり、ホイップクリームをトッピンしても構わないし、メニューにあれば紅茶を注文しても構わないのだ。

単純計算すると、1日当たり日本円で150円ちょっと。テルアビブのカプチーノ平均価格は約400円だそうで、これが飲み放題となると、利用者としてはかなりお得だが、店側は大丈夫なのか? Ezer氏によれば、客はこのお得感も手伝ってか、ケーキやサンドイッチなど、ほかのメニューも一緒に注文することが多く、リピーターが増えたり、ほかの客を連れてきてくれたりと、プラスアルファのメリットがあり、利益はしっかり上がっているそうだ。そこまで頻繁にカフェは利用しないという場合には月額99イスラエルシュケル(約2700円、1日当たり90円)で1日1杯限定というサービスも提供している。

昨年の9月に〈CupsTelAviv〉を立ち上げ、現在、約40店がこのプログラムに加盟している。加盟店を利用したい場合、専用アプリをダウンロードすると、地図上に店の位置が表示され、目当ての店の住所、店の様子などを写真で確認することができる。

Facebook/Cups-Unlimited Coffee

 

Facebook/Cups-Unlimited Coffee

Facebook/Cups-Unlimited Coffee

Facebook/Cups-Unlimited Coffee

Ezer氏は今後、他の地域、他の国でもこのロイヤルティプログラムを展開していきたいと考えている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking