自分の血液を皮膚に注射するアンチエイジング術が脱毛の治療にも有効と判明

Text by

  • 12
flickr_istolethetv

flickr_istolethetv

血小板を多く含む血漿、「多血小板血漿(PRP)」を皮膚に注入するアンチエイジング術は、自分の血を用いる再生医療で、シワやたるみの治療に効果を発揮するが、どうやら発毛促進にも有効のようだ。

イタリアのブレシア大学、毛髪研究所(International Hair Research Foundation)、イスラエルのヘブライ大学メディカルセンターの研究チームが、円形脱毛症に悩むボランティア45人を対象に、はげた部分の半分に毎月PRPを注射するグループ、従来の治療法であるステロイドクリームを塗るグループ、プラシーボ(偽薬)を塗るグループに分けて経過を見たところ、PRPを注射したグループは発毛が最も促進されていることが分かった

研究者は注射を使わずにすむよう、PRPのクリームを開発できればと考えているそうで、主任研究者のFabio Rinaldi医師は「この新しい治療法は男性ホルモン性脱毛症にも役立つだろう。植毛手術を除けば、PRPが最善の治療法だと確信している」と述べている。

脱毛症は生活の質や自尊心に大きな影響を与えかねない。今回の研究結果は多くの人に希望を与えるだろう。Fabio Rinaldi医師らの研究結果は皮膚科学の学術誌『British Journal of Dermatology』に発表された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking