独身の若いイギリス人男性は3カ月に1回しかシーツを取り替えていないと判明

Text by

  • 1
flickr_Lizzie279

flickr_Lizzie279

以前、イギリス人がシーツを取り替える頻度に関する話題をご紹介したが、どうやら若い独身男性に限っていえば、もっとすごいことになっているらしい。毎日上げ下ろしをする布団に比べると、置きっぱなしのベッドのシーツを替えるのはたしかに面倒だし、ついつい「ま、今日はまだいいか」と思いがちかもしれないが……それにしてもだ。

イギリスのマットレス・メーカー〈 Ergoflex〉が18~25歳の独身男性にシーツを取り替える頻度に関するアンケートを行ったところ、半数以上の男性が年に平均4回、すなわち3カ月に1回しかシーツを取り替えていないことが分かった。しかも、そのうちの49%は「それで我慢できる」と答え、19%は「全然気にしていない」のだそうだ。そして、パートナーがいない男性は「(もし恋人ができたら)彼女はこの状態に嫌悪感を抱くだろう」と予想はしているものの、実際にはどうでもいい問題と考えている…。

 専門家は若い独身男性のこの現状に対し、「女性に嫌われるかどうかはさておき、何よりも自分の健康と衛生状態について心配したほうがいい」と指摘する。この状態ではイエダニやトコジラミの餌食になる恐れがあるからだ。シーツ類を取り替える頻度として理想的なのは毎週~1週間おきだとか。

ちなみに、独身女性がシーツを取り替える頻度はは平均して、2週間に1度程度。男女とも、配偶者や恋人など、特定の相手がいる人たちはシーツを取り替える頻度が高かったが、実際に取り替える作業をしているのはほとんど女性(81%)。そして、シーツを毎週取り替える割合が最も高い年代は35~50歳の男女だそうだ。

今回の独身男性に関するアンケートを受け、ネット上では「うちのイヌは気にしないからいい」「シーツってそんなに替えなきゃいけないんだ?」など、さらに上を行ってそうな人たちの声もちらほら見受けられたが…。今年は日本に限らず、世界的に猛暑の傾向にあったようだが、そんな状況でも、独身イギリス人男性は毎日、同じシーツで寝ていたのだろうか???

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking