昼休みは自分の意志で自由に過ごすことが疲労回復、生産性の向上に繋がると判明

Text by

  • 123
fllickr_katsommers

fllickr_katsommers

なんとなく惰性で同僚と一緒にお昼を食べている、社食へ行っている、食べ終わったら、成り行きでそのまま雑談をして過ごしている、でも本当は昼休みぐらい好きに過ごしたい、独りのほうがいいと思っている人も多いのでは? もし自分がそうしたいと思うなら、やっぱりそうしたほうがいい。

カナダのトロント大学ロットマン校、John Trougakos准教授らの調査により、昼休みをいかに「自由に」「自主的な選択」で過ごすかで、1日の疲労度が変わることが分かった。

北米の大学に勤務する事務系職員を対象に、10日間、昼休みをどのように過ごしたかを尋ね、毎日、終業時にその人の疲労具合がどの程度か、同僚に評価してもらうという調査を行った結果、昼休みに好きなことをして過ごしていた人の疲労度が最も低く、昼休みも仕事をしていた人の疲労度が最も高くなる傾向にあることが分かった。ただし、昼休みに仕事をしていても、「仕方なく」「やむを得ず」ではなく、自分がそうしたいと思って、自由意志でそれを選択している場合は、疲労度が低いことが分かったのだ。

重要なのは、同僚と過ごすにしろ、独りで過ごすにしろ、仕事をするにしろ、自主的に、自分の自由意志で選択しているかどうかだ。

皆で一緒に昼食をとることで、スタッフの絆を強めたい、昼休みをそのような機会にしたいと考える上司や管理職もいるだろう。スタッフ全員がそうしたいと思っているならいいが、「参加しなきゃ」「皆に合わせなきゃ」とプレッシャーを感じているスタッフがいるなら、それは逆効果になる。また、職場や職種によっては、「思うように外に出られない」「昼休みといっても、電話は取らなきゃいけないし、来客はあるし、休んだ気にならない」というケースもあるだろう。しかし、労働の疲労から回復する機会を与えない組織は、生産性や効率性が低下するリスクが高くなると、研究者は指摘する。

昼休みの過ごし方になんとなくストレスを感じている人は、パフォーマンスを上げるためにも、勇気をもって「自由な」選択をしたほうがよさそうだ。今回の研究結果は学術誌『Academy of Management Journal』に発表される。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking