独りで食事をする娘のために始めたかわいいフードアートで、マレーシアの主婦が今や有名人に

Text by

  • 6
Samantha Lee

Samantha Lee

マレーシアで2人の娘を育てる専業主婦のサマンサ・リーさんは、2008年12月より、お皿の上に絵を描く“フードアート”を始めた。きっかけは2人目の子どもを出産したことだった。どうしても生まれたばかりの赤ちゃんにかかりきになってしまうため、上の子が独りでも楽しんで食事ができるようにとの思いから絵心を発揮するようになったのだとか。料理の特別な勉強はしていない。お皿の上の作品を写真に撮り、ブログやSNSに投稿し始めたところ、フォロアーがあれよあれよという間に増えた。今やInstagramのフォロアーは33万人を越えており、多くのメディアに取り上げられるまでになった。ここまで評判になるとは、5年前には想像もしなかったそうだ。

Samantha Lee

Samantha Lee

Samantha Lee

Samantha Lee

Samantha Lee

Samantha Lee

Samantha Lee

Samantha Lee

Samantha Lee

Samantha Lee

2人の娘さんも大きくなり、今ではどちらがどのキャラクターをゲットするかけんかをしたりすることもあるそうで、毎日、にぎやかに楽しく食事をしているそうだ。

《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking