コーヒーは朝起きてすぐ飲んでも効果は期待できず、カフェインの過剰摂取につながる可能性もあり

Text by

  • 11
flickr_avlxyz

flickr_avlxyz

朝、起きたらまずお湯を沸かしてコーヒーを飲む、朝食をゆっくり食べる時間がないときは、とりあえず、コーヒーだけ流し込んで出かけるという人は多いだろう。しかし、アメリカの軍保健科学大学(Uniformed Services University)で神経ガスによる発作の治療法などを研究している神経科学者Steven Miller氏によると、朝起きてすぐコーヒーを飲んでもカフェインの効果はあまり期待できないのだとか。

それには、副腎皮質から分泌される糖質コルチコイドの一種「コルチゾール」が関係している。コルチゾールは覚醒を促すホルモンだ。明け方頃から分泌量が増え始めて起床時にピークを迎え、その後1時間程度、高いレベルを維持していく。その時間帯が(もちろん個人差はあるが)平均すると午前8時から9時なのだとか。薬理学的には、薬は必要とされるときに飲むのが原則で、なんでもないのに薬を飲んでいると、その薬に対して耐性ができてしまい、いざ必要となったときに同じ量を飲んでも効果が表れなくなる。したがって、体が最も覚醒し、カフェインを必要としない時間にカフェインを飲んでも効果が実感できないばかりか、耐性ができてしまい、どんどん摂取量が増えてしまうことになるのだ。

Miller氏によると、コーヒーを飲むであれば、コルチゾールのレベルが下がる午前9時半から11時半、午後1時半から5時がおすすめだそうだ。

《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking