どちらも大酒飲みの“似たもの夫婦”は、夫婦どちらかしか飲まないカップルよりも離婚率が低いと判明:米調査

Text by

  • 9
flickr_FOTFuse

flickr_FOTFuse

「似たもの夫婦」という言い方があるが、こと飲酒に関して言えば、似たもの夫婦は結婚生活が長続きしているようだ。

アルコール依存や薬物依存に関する研究を行っているニューヨーク州立大学バッファロー校の研究機関「Research Institute on Addictions」が634組の夫婦を対象に、飲酒と結婚生活に関する追跡調査を行った。
その結果、夫婦どちらか一方が著しく多く酒を飲む場合、50%近くの夫婦が離婚もしくは別居をしていたのに対し、夫婦ともに酒をあまり飲まない、あるいはまったく飲まない場合、または夫婦ともに大量の酒を飲む(1回に1人6杯以上飲む/泥酔するまで飲む)場合は離婚率がわずか30%であることがわかった。

飲酒そのものよりも、飲酒習慣の違いが配偶者の不満を生み、それが結婚生活の破綻につながると考えられる。また、ごく少ないケースだが、妻が大量に飲む場合のほうが離婚率が上がるそうで、これは夫が妻の行為を女性としての役割に反するとみなし、その考え方が夫婦間の対立を導いていると考えられるそうだ。

“大酒飲み夫婦”は互いへの不満が少なく、その意味では円満に過ごせているのかもしれないが、「それでいいというわけではない」と主任研究者で研究所の所長でもある Kenneth Leonard博士は指摘する。夫婦ともに大量に酒を飲むカップルは互いに不健康な習慣を永続させ、がんや依存症のリスクを高める可能性があるうえ、子どもに悪影響を及ぼす可能性もある

Leonard博士は今回の研究結果をセラピストやメンタルヘルスの専門家に活用して欲しいと考えている。
「Research Institute on Addictions」の研究は学術誌『Psychology of Addictive Behaviors』に発表された。

《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking