定期的な運動をしていると、創造的・柔軟な思考が促進されることが判明:オランダの研究

Text by

  • 39
shutterstock

shutterstock

運動が肉体面だけでなく認知機能にもプラスの影響を与えることは、これまでの研究でもわかっているが、定期的に運動をしていると創造的思考、柔軟な思考が促進されることがわかった。

オランダのライデン大学、Lorenza Colzato教授の研究グループが、週4回以上運動をしているグループと、まったく運動をしていないグループに、「拡散的思考」と「集中的思考」を試すテストを行った。拡散的思考とは、1つの問題に対して、できるだけ多くの解決策を考えること、集中的思考とは、1つの問題に対して、正しい答えを導き出すことを指す。拡散的思考のテストでは、ペンの使い道をできるだけ多く考えてもらい、集中的思考のテストでは、一見、関連性がない3つの言葉に共通する要素を考えてもらったところ、定期的に運動をしているグループのほうがテストの成績がはるかによかった

では、運動をしていなかった人が体を動かせば、テストの成績がよくなるのかというと、そう単純なものではないらしく、今まで体を動かしていなかったグループに運動をしてもらい、テストを行っても成績は上がらず、とりわけ集中的思考に関する成績がよろしくなかったそうだ。Colzato教授によると、これは、いきなり運動をしても、思考に使われるエネルギーの大半が「体を動かすこと」自体に消費されてしまうためと考えられる。創造的思考、柔軟的思考を促進させ、効果的にその能力を発揮するには、「運動に慣れている」状態で体を動かし、課題に臨む必要があるようだ。

何はともあれ、始めなければ「慣れる」こともないわけで、「最近、どうも発想がワンパターン…」とお悩みの方は、とりあえずウォーキングを日課にすることあたりから初めてみるといいかもしれない。

Colzato教授らの研究結果は学術誌『Frontiers in Human Neuroscience』に発表された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking