座りっぱなしの生活をしている女性は早死にするリスクが高まると判明:米研究

Text by

  • 2
123RF

123RF

体を動かさないライフスタイルが健康によろしくないという研究結果がたびたび発表されているが、また1つ、それを裏付ける結果が発表された。

米国コーネル大学の研究チームが閉経後のアメリカ人女性約9万3000人(50~79歳)を対象に、平均12年間にわたる追跡調査を行ったところ、ずっとデスクワーク、家でテレビを見ているなど、1日11時間以上、座ってばかりの生活を送っていたグループは、最も体を動かしていたグループ(座りっぱなしの時間は1日4時間以下)と比べて、早死にをするリスクが高く、なかでも循環器系疾患、冠動脈性心疾患、がんで死亡するリスクが、それぞれ13%、27%、21%高くなっていることがわかった。座ってばかりでも、おおむね健康で、たまに運動をしていれば問題はないのではないかと考えがちだが、このようなライフスタイルの影響は思いのほか大きいようだ。

さらに悪いことに、女性は35歳頃から筋肉の量が減り始め、閉経を迎えるとそれにさらに拍車がかかるため、体力がどんどん落ちていく。主任研究者のRebecca Seguin博士によると、ウエイトトレーニングといった運動をすれば、筋肉量の低下を若干防ぐことはできるが、1度失われた筋肉はなかなか取り戻せないのだとか。

たまにジムへ行って運動をするよりも、オフィスでトイレに立つときは別の階まで行ってみるなど、「毎日」こまめに、少しでも体を動かす時間を増やすことが重要のようだ。

コーネル大学の研究結果は学術誌『American Journal of Preventive Medicine』に発表された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking