鳥好き必見! 吸盤で窓に接着できる、“木の枝を模した”餌台が登場

Text by

  • 3
鳥アイキャッチ

自宅に庭があれば、野鳥が来てくれるように、餌台(バード・フィーダー)や巣箱を設置することも可能だが、マンション住まいだったり、庭が狭かったりすれば、そういうわけにもいかない。

ウクライナのグラフィックデザイン・スタジオ〈Dorogaya〉が制作した〈9/10〉は、庭がなくても、バードウォッチングを可能にしてくれるができるバード・フィーダーだ。木の枝を模した長さ30センチほどの棒を強力な吸盤で窓に接着させるタイプなので、誰でも手軽に使うことができる。この枝の先端にパン、果物、ラードの塊などを挿しておけば、小鳥が寄ってきてくれるだろう。とくに冬のこの時期、餌も少なくなってくるので、鳥たちにも喜んでもらえるはずだ。キッチンの窓や書斎の窓に設置し、小鳥を間近に眺めながら料理や仕事をする、なんて生活もいいかもしれない。価格は199ウクライナフリヴニャ(約2400円)。

〈9/10〉は昨年行われたウクライナのデザインコンテスト「Design. New World in 2013」で審査員賞を受賞している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking