軽く触れるだけでウソの着信音を鳴らせ、電話に出る“ふり”ができるアプリ

Text by

  • 13
アプリ1

誰かに聞かれたくないことを聞かれた、会いたくない人にばったり会ってしまったなど、ばつが悪い思いをしているとき、「ああ、今、誰かが電話をかけてきてくれたら、この場から逃げ出せるのに…」と思ったことはないだろうか? 

カリフォルニアのデザイナ-、アレックス・コーネルが考案したアプリ〈Tickle〉は、そんな「困った」状況に陥ったとき、ポケットに入っているスマホをコチョコチョっとくすぐるようになでると、スマホ内の加速度センサーがそれを感知し、“ウソの”着信音を鳴らしてくれるというもの。そして「ちょっと失礼」と言って電話に出るふりをし、「えっ? あ、そうなの? わかった、すぐ調べて折り返すよ」「じゃあ、今すぐ、そっちへ行くよ」と演技をすれば、とりあえず困った状況から抜け出せるというわけだ。似たようなコンセプトのアプリはほかにもあるが、〈Tickle〉の特徴は、特別な操作が要らず、ちょっとした動作だけで即座に着信音を鳴らせること。

残念ながらアプリはまだプライベート・ベータ版があるだけで、公開までにはしばらくかかりそうだが、ウェイティング・リストに登録することはできるようだ。いざというときのために、こんなアプリを入れておくと便利かも?

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=e9kNLqOEphI#t=60[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking