ご近所の洗濯物を盗まずにいられない困った白猫さん

Text by

  • 3
Mail Online

Mail Online

先日、ご主人の危機を救った頼もしい黒猫を紹介したが、本日紹介するのは、ご主人をちょっと困らせている白猫のお話。

英国ポーツマスで暮らすボウラー夫妻は、1歳半になる雌の白猫を保護し、ゴースティと名付けて飼い始めた。名前の由来は、暗い中、外を走り回る姿が幽霊(ゴースト)のように見えるから。と、ここまでは良かったのだが、やがてゴースティは外に出ると、ご近所の洗濯物を失敬して持って帰ってくるようになってしまった。

飼い主を感心させたい?

戦利品は下着に靴下、パンツ、Tシャツ、布巾に雑巾、洗車用のスポンジに至るまで。マグカップを持ってきたこともある。

ボウラー夫妻いわく、まるで「この収集能力を見れば2人が感心してくれるだろう」と思っているかのような集めっぷり。帰宅すると、夫妻が戦利品にちゃんと目を向けるまで鳴き続けるのだとか。

ヒラヒラしているものを見ると手を出さずにいられないのは、やはり本能のなせる技なのだろうか?

▼「スゴイでしょ」と言いたげなこの表情

Mail Online

 

近所に洗濯物を返して回るのが日課に…

今や、ゴースティが失敬してきた洗濯物をキャリーバッグに入れて、ご近所に返して回るのが夫妻の日課になってしまった。

だが、どの家の洗濯物か分からないことも多く、返しきれていないため、夫妻はゴースティが犯した”罪”を告白するチラシを作って配ろうと考えている

犯行はエスカレート

ただ、気候がよくなり、近所の人たちが洗濯物を外に干す機会が多くなるにつれ、ゴースティの犯行はエスカレートしているのだとか。

夫のジョンさんは「ゴースティが猫界のフェイギン(ディケンズの名作『オリバー・ツイスト』で、子どもたちに盗みを仕込む窃盗団の親方)になってしまうんじゃないかと心配になってきた」と言い、夫妻はどうすれば盗みを止めさせることができるのかと頭を抱えている。

Mail Online

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking