AB型は認知機能障害のリスクが高まる可能性あり:米研究

Text by

  • 5
flickr_MShades

flickr_MShades

血液型のうち、AB型が占める割合は最も低いが、ほかの血液型と比べた場合、年齢が上がると記憶や思考能力に障害が出る可能性が若干高まることが米国バーモント大学の研究により明らかになった。

O型は心臓病・脳卒中のリスクが低い

以前の研究で、O型は記憶障害や認知症のリスクファクターである心臓病や脳卒中を発症するリスクが低いことが報告されており、研究チームはそれを基に、血液型と認知機能の関連性について検証した。

その手段として、認知機能に問題がない45歳以上の被験者3万人に記憶能力と思考能力のテストを行い、約3年半後、再びテストを行ってその結果を分析した。

AB型は他の血液型に比べてリスク高い

被験者のうち、記憶能力・思考能力が低下している認知機能障害と認められたのは495人。

いくつかの条件(年齢、性別、人種、居住地域)を加味したうえで認知機能にまったく問題がなかった687人と比較したところ、AB型はO型と比べて認知機能障害を発症するリスクが82%高くなることが分かった。

またアメリカの場合、人口に占めるAB型の割合は4%だそうだが、今回の研究で認知機能が正常だったグループでは、AB型の割合は同じく4%程度だったのに対し、認知機能障害が認められたグループではAB型の割合が6%と、若干上昇していることも分かった。

AB型は血栓ができやすい?

今回の研究では、血液凝固タンパク「第VIII因子」の濃度についても調べた。

この因子の濃度が高くなると、血栓ができやすいことを意味するが、今回の研究では、VIII因子の濃度が高かったグループは低かったグループに比べて認知機能障害を発症するリスクが24%高くなること、AB型は他の血液型と比べてVIII因子の濃度が高いことが分かった。

より重要なのは生活習慣

ただし、認知症のリスクファクターとしては、喫煙や運動不足、肥満といった要素のほうがより重要であり、「今回の結果だけでAB型の人がパニックになる必要はない。まずは生活習慣を改善することのほうが大切」と研究者は指摘している。

バーモント大学の研究結果は『Neurology』に発表された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking