塩分摂取量を減らすと、頭痛の予防につながるとの研究結果

Text by

  • 1
123RF

123RF

日本人は世界的にも塩分摂りすぎの傾向にあると言われているが、米国ジョンズ・ホプキンス大学の研究により、塩分の摂取量を減らすと頭痛が緩和されることが分かった。

野菜&低脂肪の食事VS脂肪多めの食事

研究チームは、390人の被験者を2つのグループに分け、一方のグループには野菜や果物をたっぷり摂る低脂肪の食事、もう一方の対照群には典型的な欧米人の食事を続けてもらった。

塩分摂取量だけを変える

その際、まずは一定期間、塩分の摂取量を1日9グラム(アメリカ人の平均的な摂取量)にしてもらい、次に同じ期間、塩分摂取量を1日6グラム(推奨摂取量の上限)に減らし、最終期間は3グラムへと減らしてもらった。

そして、頭痛、膨満感、口の渇き、疲労感、活力の低下、めまい、吐き気、嗜好の変化など、実験期間中に自覚した症状を記録してもらった。

どちらの食事も減塩で頭痛が軽減

結果を分析したところ、塩分を9グラムから3グラムに減らすと、頭痛の頻度が31%減ること、脂肪分の量は頭痛の発生には影響が認められないことが分かった。

この結果について、他の専門家は「減塩により、血圧や脈拍が低下したことが関係しているのではないか」と見ているが、今回の研究では、元々血圧が正常だった人も、減塩により頭痛が緩和されたそうだ。

ジョンズ・ホプキンス大学のLawrence Appel教授は、これらの結果を受け、「食事によるナトリウムの摂取量を減らすことが頭痛予防の新しいアプローチになる」と述べている。

同大学の研究結果は『BMJ Open』に発表された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking