スマホを手放していると不安・不快感が増し、認知機能に影響ありとの研究結果

Text by

  • 3
123RF

123RF

携帯電話を持たずに出かけてしまうと、不安で落ち着かない気持ちになるものだが、携帯電話は生活の一部というより、もはや自分自身の一部になってしまっているようだ。

米ミズーリ大学の研究チームは、携帯電話から分離された状態に置かれたときの心理的、生理的影響を調べるため、iPhoneユーザー計40名を対象に実験を行い、その結果を『Journal of Computer-Mediated Communication』に発表した。

パズルを解きながら血圧・心拍数を測定

研究チームはまず、被験者に「新しいワイヤレス血圧測定器のテストをするので協力してほしい」と伝えたうえで、パーティションで仕切られたパソコン・ブースに入ってもらった。

最初の実験ではスマホを携帯した状態でパソコンに表示される言葉探しのパズルを解いてもらい、その間の血圧、心拍数を測定し、実験終了後に心の不安や身体の不快感等を感じたかどうかを答えてもらった。

スマホから切り離されたらどうなる?

次の実験では被験者に「スマホのブルートゥースが機器の動作に影響するので」と伝え、iPhoneを同じ室内の離れたところに置いてもらった。

この状態で再び言葉探しのパズルを解いてもらうのだが、その間に実験者がひそかに被験者のスマホを鳴らす。被験者は電話が鳴っているのに出られない状態でパズルを続け、そのうち電話は鳴り止んでしまう。

2回目の実験中も1回目と同様、血圧、心拍数を測定し、実験終了後に不安や不快感等を感じたかどうかを答えてもらった。

結果を比較したところ、スマホから切り離された状態では、決して難しくはないパズルのスコアが悪くなり、血圧と心拍数は上昇し、不安感、不快感も増していることが分かった。

もはやスマホは自分の一部?

研究者はこれらの結果について、「スマホから分離された状態が知的作業にマイナスの影響をおよぼし得る」とし、「スマホが自分の一部となっており、それから切り離されると、自分の機能が低下したような不安を覚え、生理的状態に影響が出ることを示唆している」と述べている。

そして、「試験、会議、重要な課題に取り組むなど、集中力を要するときは、スマホを手放さずにいるほうがいいということになる」とも述べているが、別の研究では、スマホが目に見えるところにあると集中力が低下するとの結果も出ている。

となると、いつでも手に取れると分かっている状態で、なおかつ目に付かないところ(ポケットや引き出しやカバンの中など)にしまっておくのが得策ということになるのだろうか?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking