男女が同じ仕事をしても男の方がクリエイティブだと思われがちとの研究結果

Text by

  • 1
flickr_tec_estromberg

flickr_tec_estromberg

男のほうが女より独創性があるなどと言ったら、あちこちから批判の声が上がるだろう。それに、独創性に満ちた女性が大勢いるのは事実だ。

しかし、独創的思考能力は「リスクをいとわない」など、いわゆる「男らしい性格」と結びつけて考えられることが多く、男女が同じようなことをしても、男性の仕事や業績のほうが独創的と評価されがちであることが米デューク大学の研究より明らかになった。

男らしい人は独創的?

研究チームはまずオンラインで調査を行った。80人の参加者に「独創性」のタイプ(拡散的思考能力と集中的思考能力)について書かれた文章を読んでもらい、その後、独創的な人が有すると言われる16の性格的特徴をどう評価するか尋ねた。

その結果、“女性的性格”のステレオタイプとされる「協調性がある」「協力的」「他者に対する理解力がある」といった特徴よりも、“男性的性格”のステレオタイプとされる「リスクをいとわない」「冒険心がある」「自立している」「決断力がある」「競争力がある」といった特徴を独創的思考と関連づける傾向が強いことが分かった。

作者が男だと独創的に思える?

続いて169人の参加者に、ある建築家もしくはファッションデザイナーに関する文章と作品(家もしくはデザイン画3点)に目を通してもらい、その評価を尋ねた。その際、一部の参加者には「この人物は男性」と伝え、そのほかの参加者には「女性」と伝えた。

すると、建築の場合、同じ作品であるにもかかわらず、「作者は男性」と伝えられた場合のほうが「女性」と伝えられた場合より「独創的」と評価されることが分かった。

しかしファッションデザインの場合、性差による評価の違いは認められなかった。研究者によると、これは昔からある男性のステレオタイプがファンションの領域には当てはまらないためと考えられるそうだ。

上司は「男のほうが革新的」と思い込んでる?

さらに、実社会での評価を確かめるため、大学のMBA(経営学修士)課程に在席していた企業の上級管理職125名に関し、職場における直属の部下と監督者の評価(革新的な思考ができているかどうか)を比較した。

その結果、直属の部下からの評価が同程度であっても、男性管理職のほうが女性管理職より監督者から「より革新的」と評価されていることが分かった。

女が「男らしさ」を見せても独創的と見なされない

最後の締めくくりとして、研究チームは125人の参加者に男性もしくは女性管理職の戦略プランが描写された文章を読んでもらった。

その結果、男性同士を比べた場合、リスクの高い行動を取る管理職はそうではない管理職よりも独創的と見なされていたが、女性同士を比較した場合、そのような違いは認められなかった。

また、男女を比較した場合、同じようにリスクの高い行動を取っても、男性管理職のほうが独創的と見なされることが分かった。

つまり男性の場合、リスクのある行動を取ると、大胆で勇気があり、自立していると見なされ、それが独創性に関する他者の認識にプラスに作用するが、女性の場合、そうとは限らないということだ。

研究者はこれらの結果について「独創性の評価におけるジェンダー差別が職場での具体的成果に影響を与え得ること、女性が企業で昇進を見送られがちになる理由、クリエイティブ産業のエリート層に女性が少ないままである理由を示唆している」と述べている。

米デューク大学の研究は『Psychological Science』に発表された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking