身体に良さそうだが実は食べないほうが良いもの5選

Text by

  • 11
shutterstock

shutterstock

ノンオイルロリーオフと聞くと“身体にいい”と、ついつい言葉に惑わされてしまいがちだ。それはあくまで一つの面から見て優れているだけで、不必要な化学物質が使われているかもしれないし、何か別の成分が身体に悪影響を及ぼすかもしれない…ということまで頭を働かせる必要があるだろう。ここでは、米国の健康メディア「SHAPE」に掲載されていた栄養学者が食べるのをおすすめしない食べ物から5つを紹介する。

1.米菓子

煎餅などの米菓子は、クッキーや他のスナック菓子に比べて油を使っていない分、ローカロリーと言えるだろう。しかし一方でGI値が高い食品とされている。GI値が高い食品は急激に血糖値をあげるので、身体に脂肪がつきやすくなるほか、血糖値が乱高下することで糖尿病のリスクも高まるそうだ。

2.ノンオイルドレッシング

通常のサラダドレッシングは、お酢と植物由来の油がバランスよく混ざり合うことで作られている。ノンオイルにするとそのバランスが壊れてしまうので、“自然”に見えるように糖質由来の乳化剤やその他にも化学物質が加えられているようだ。

3.グルテンミート(セイタン)

グルテンミートは、菜食やマクロビオティックの間で肉の代わりとして食べられているもので、小麦から採れるグルテン(たんぱく質)から作られる。このグルテンだが、多くの小麦粉製品に含まれており、少量であっても高いアレルギー誘発性があることがわかっているという。グルテンミートがアレルギーを誘発するかどうかはまだ研究が進んでいないが、避けておいたほうが無難だろう。

4.栄養強化穀物

シリアルに代表される栄養が強化された穀物は、本来持っている食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を一度取り除き、それを合成しなおしてから再び添加しているという。天然のバランスではなくなる不自然な食べ物が身体に良いとは言いがたい。

5.甘いスポーツドリンク

味を整えるために必要以上に砂糖が加えられたスポーツドリンクに気をつけたい。通常の砂糖(単糖類)は炎症が起こりやすくなるので慢性疾患がある方は注意が必要なほか、運動後の疲れを取るにも逆効果だそうだ。また砂糖は、善玉コレステロールを下げ、中性脂肪(TG)を増やすという。スポーツドリンクに限らず甘い清涼飲料水には注意したい。

おいしい話にはワナがあるというものだ。以下も合わせて参考にしたい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking