女性は男性より疲れている?!そのワケとは

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

女性は男性よりも疲れている人が多いと聞いて、まあそうだろうなと思う人も多いかもしれない。実際、4月12日に米国の疾病予防と管理を行う機関(Centers for Disease Control and Prevention)が行った調査で、「非常に疲れている・疲れ果てている」と回答した人が、男性の10パーセントに対し、女性は15パーセントという結果がでた。とりわけ18歳〜44歳の間で、その差が顕著だったという。

その理由として考えられるのが、次の7項目だ。

  • 外での仕事のほか、家事や育児など家庭での仕事の負担が男性より多い
  • 社会的活動に熱心で、付き合いが多く、平日の夜にも予定がつまっている
  • 忙しいので慢性的にストレスが溜まっている
  • 赤ちゃんや小さな子どもがいると振り回される
  • 常に考え事をしている(女性は考え事を止めるのが苦手らしい)
  • 家計の一部を担い、やりくりをも任されている
  • 十分な睡眠が取れていない

こういったこともあり、疲れを感じやすい女性の方がうつ病になりやすいとも考えられている。これを読む人の中にも、上記の項目が当てはまる人は少なくないだろう。女性はもっと自分を甘やかしてもいいのかもしれない。また、男性には、パートナーを労り、積極的に家での仕事を手伝うなどしてもらいたいものだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking