日焼けに効果的な食べもの8選

Text by

  • 1
b2c976c4a1cc4140ba41e7cd451e4b5d

海に山に音楽フェスにと野外で活動することも多い夏。一昔前は小麦色の肌が健康的!なんて言われたが、今は皮膚がんの危険性がさけばれ、日焼け止めをたっぷり塗って出かけるのが基本だ。しかし、炎天下では汗もしっかりかくので、「塗り直すのが面倒…」なんて思っているとあっさり日焼けしてしまう。また、ちょっとコンビニまでなら、洗濯物を干すくらい…といった油断も禁物。日焼けは紫外線を数分浴びただけでもはじまってしまうので気をつけたい。

日に焼けてしまったときは、内側からのケアも念入りにしよう。今回は「POPSUGAR」より、日焼けに打ち勝つ8つの食べものを紹介する。

・ベリー類

ブルーベリーやラズベリーには、肌を紫外線ダメージから守る抗酸化物質のエラグ酸が多く含まれている。イチゴなら美肌の強い見方であるビタミンCも豊富。

・柑橘類

オレンジ、レモン、ライムなどの柑橘類も同じくビタミンCが豊富。

・緑茶

緑茶に含まれるカテキンには、日焼けによる炎症を抑えるほか、紫外線による長期的なダメージにも有効だそう。

・ラベージ(Lovage)

セロリに似たハーブで、UV-Bによるダメージに効果的なフラボノイドの一種クエルシトリンが豊富に含まれている。

・ザクロ

2006年の調査で、ザクロから抽出されたエラグ酸には、摂取することで日焼けの保護効果があることがわかったそう。

・トマト

トマトに含まれるリコピンやカロチノイドには、紫外線によるダメージを軽減する働きがあるという。

・スイカ

スイカにもリコピンが含まれているので、トマトと同様の働きが期待できる。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking