おもちゃが埋め込まれた石けんで、アフリカの子どもたちの感染症発生率が70%減少

Text by

  • 14
shutterstock

shutterstock

大人も子どもも、外から帰ってきたときや食事の前には「手洗い」をする。日本ではあたりまえのこの習慣だが、途上国ではそもそも手を洗う習慣がないだけではなく、その必要性を感じていない人が今も多くいるのはご存知だろうか?

南アフリカのケープタウンにある貧民街は衛生環境が劣悪なため、毎年数千人もの人々が感染症でなくなっている。中でも子どもたちの死亡率が高いのだが、その感染症の多くは、頻繁に石けんで手を洗うことによりかなりの割合で防げるものだという。

そこでWHOがはじめたのが「Hope Soap」プロジェクトだ。子どもたちにミニカー、キティちゃんのフィギュアなどおもちゃが埋め込まれている特別な石けんを配布。中のおもちゃ欲しさに、子どもたちは石けんを使い切ろうと一生懸命に手を洗うようになるという仕組みだ。

その結果、石けんを受け取った子どもたちは、手だけでなく、顔や体も頻繁に石けんで洗うようになったという。それにより、貧民街で発祥する感染症は70%も減少したそうだ。

“意識を変える”というのは非常に難しい。おもちゃがもらえなくても、病気にならないことの良さに気づき、このまま手洗いを習慣にしてくれることを願うばかりだ。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=mwjXY001nM8[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking