20〜30代独身男女の3人に2人「クリスマスに向けてパートナーなし」

Text by

  • 16
shutterstock

shutterstock

無料のリアルタイム・オンラインレストラン予約サイトを提供するオープンテーブル株式会社が、首都圏在住の20〜30代独身男女1,791人に対してクリスマスに関する意識調査を実施。その結果、今年のクリスマスの予定や予算を考える以前に、そもそも独身男女の約3人に2人はクリスマスを一緒に過ごすパートナーがいないことが判明した。

若者に「アベノミクス効果」なし、クリスマスに予定を立てているのは少数派

「今年のクリスマスにかける予定の合計予算は昨年と比べて増やす予定ですか?減らす予定ですか?」という質問に対し、75.9%が「昨年と同じ」と回答。続く「今年のクリスマスにかける予定の合計予算として該当するものをお選びください」という設問に対して最も多かったのが「5,000円未満」の45.0%となった。理由について「収入が変わらないから(20代女性)」、「来年結婚を控えているので(30代女性)」という明確な理由がある一方で、「クリスマスに特別な思い入れはない(30代女性)」と言った声も目立つ。

さらに「今年のクリスマスはどのように過ごす『予定』ですか?」という問いに対して「自宅でのんびり過ごす」が33.1%と最も多く、次いで「特に決めていない」(32.9%)と、クリスマスの日に積極的に予定を立てている層が少数派であることも判明した。

そもそも「クリスマスを一緒に過ごすパートナーがいない」が3人に2人

クリスマスに向けて約2ヵ月となった調査時点で「現在つきあっている人がいますか?」という問いに対し、男性の70.3%、女性の57.5%が「いない」と回答。男女合わせて64.5%と、20〜30代の独身男女の約3人に2人は、フリーであることが判明した。しかも「過去に恋人とのクリスマスデートを経験したことはありますか?」という問いにに対しても、約半数の45.5 %が「ない」と答えている。

もはや、クリスマスに浮かれるのは時代遅れなのだろうか?クリスマスまでに素敵な恋人をゲット!などといった発想をすれば、オジさんオバさんと思われてしまいそうだ…。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking