逆立ちすると健康になる?毎日逆立ちをするべき5つの理由

Text by

  • 27
PublicDomainPicsures.net

PublicDomainPicsures.net

逆立ちなんて、学校の体育でやって以来したことないという人がほとんどではないだろうか。あの頃に比べて体重も増えているし、とてもできないと思うだろう。しかし、逆立ちをするだけで健康になるというなら(もちろん壁を使っても良い)やってみる価値はあるのでは?

海外のライフハックブログ「MindBodyGreen」で取り上げられていた「毎日逆立ちをするべき5つの理由」の中から一部引用して、具体的なメリットについて紹介しよう。

1.上半身が強くなる

逆立ちをするのに、肩、腕、背中上部に十分な力を必要とするのは言うまでもないだろう。始めのうちはものの2〜3秒でプルプルと震えてくるかもしれない。最初は壁を使い、5〜10秒を3セット(1、2分間で集中して)行うといい。何度か繰り返すうちにすぐに馴れてくると思う。日々繰り返すことで気づいた時には、鏡に映る自分の肩甲骨から首のラインにウットリとするようになるかもしれない。

2.バランス感覚が良くなる

逆立ちをするには、かなりのバランス感覚が必要だ。特に、壁を使わず自立して逆立ちをするには、全身の筋肉を使って常にぶれを調整する必要がある。それができない場合でも、可能な限り壁から離れようとすることでバランス感覚が向上することは間違いないだろう。バランス感覚が養われることで、日常生活で疲れにくくなったり、スポーツをする際にも従来に比べて力を発揮できるようになるという。

3.やる気が出る

逆立ちは肉体への好影響だけでなく、精神面にもプラスに作用する。脳への血流が増え、意識を活発にしたり逆に落ち着かせる効果があるほか、ストレス解消にも効果的だ。ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが減少し、軽うつや不安感も軽減できるという。

4.体幹が鍛えられる

腹筋を鍛えようとせずとも、逆立ちをしているだけで体幹も鍛えられる。逆立ちをキープするのに、腹筋をはじめ、股関節まわりや太もも、腰まわりの筋肉を絶えず使うことになるからだ。毎日逆立ちをすることは、体幹を鍛えるトレーニングになり、脂肪を燃焼しやすい体にもつながるだろう。

5.骨を強くする

逆立ちは体重がかかる運動のため、筋肉だけでなく骨まで強くする。特に、背骨、肩、腕、手首に効果的だ。

この5つ以外にも逆立ちを日々続けることにより、上半身の血行が良くなるという効果や、横隔膜が伸び、肺への血流量が増えるというメリットもあるという。

一般的なストレッチやトレーニングにちょっと飽きたという方は、毎日1分程度の逆立ちにトライしてみるといかがだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking