年末年始を健康的に過ごすための8つのコツ

Text by

  • 7
shutterstock

shutterstock

先週末から年末年始休暇に入ったという人も多いのでは?お正月くらいと気を抜いてだらしなく過ごしていると、あっという間に太ってしまう。それだけでなく、腸内環境が乱れれば風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、春の花粉症シーズンで症状が重くなる可能性も。飲んだり食べたりする機会が多い時期だからこそ、健康に気を使いたい。「MindBodyGreen」を参考に、ホリデーシーズンを健康的に過ごすためのコツを紹介する。

1.たんぱく質を3〜4時間おきに摂る

年末年始は、お餅におせち料理、こたつでミカンと炭水化物や糖類の摂取が一段と増える。血糖値を安定させるためにも、積極的にたんぱく質を摂りたい。

2.食べるものを選り好みする

スナック、スイーツ、お酒など…周りにつられてなんとなく食べたり飲んだりするのはやめよう。本当に食べたいと思うときに、食べたいものを食べることが大事。

3.食べものをシェアする

たとえ野菜やフルーツであっても食べ過ぎはNG。

4.お酒を1杯飲んだら、水を2杯飲む

アルコールは腸内環境を乱してしまう。バランスを取り戻すためには、水をたくさん飲むといいそうだ。

5.食べること・飲むことに逃げない

手に届くところに食べものやお酒が豊富にある時期だからこそ気をつけたい。ストレスを感じたときは、ヨガや半身浴でリラックスを。

6.1日2回、20分の瞑想をする

どんな瞑想法でもかまわない。この機会に、座禅に行ってみるのもいいかも。

7.毎日、体を動かす

長いお休みのうちには「今日は一日、家にいた!」という日もあるかもしれない。そうだとしても、意識的に体を動かすようにしたい。ストレッチやヨガ、ラジオ体操でもいい。散歩にでかけて外の空気を吸うのもいいだろう。

8.グリーンスムージーを飲む

年末年始の料理は緑が少なめ。ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく、しかも手軽に摂れるグリーンスムージを日課にするのがおすすめ。風邪予防にも。

長く休めるときだからこそ、身体のメンテナンスにあててみては?家族を巻き込んで健康的に過ごそう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking