なめこのぬめり成分は食物繊維!ダイエットやアンチエイジング効果が

Text by

  • 1
足成

足成

きのこは食物繊維が豊富でカロリーが低いため、ダイエットに向く食品というのはよく聞く話。なかでも、お味噌汁など具としても親しまれる「なめこ」は、その独特のぬめり成分がダイエットに効果的だという。というのも、あのぬめりが「ムチン」や「ペクチン」といった、水溶性の食物繊維だからだそう。

microdiet.net」によると、ムチンには次の効果があるという。

  • 胃粘膜を保護して胃炎や胃潰瘍を予防する
  • 喉や気管支の粘膜を保護することで風邪やインフルエンザなどの感染症を防ぐ
  • 疲労回復
  • たんぱく質の消化吸収を高める
  • 細胞を活性化して老化を予防する

また、ムチン・ペクチンとも、コレステロール値の改善や血糖値の上昇を緩やかにする働きがあり、肥満防止に。しいては、生活習慣病の予防にも役立つと考えられている。

さらに、なめこのぬめりには「コンドロイチン」も含まれているそうだ。コンドロイチンには肌や皮膚のみずみずしさをキープするほか、関節をスムーズに動かす助けにもなるという。そのため、美肌や関節痛などに効果が期待できる。

ちなみに、なめこの調理は水洗いと加熱が基本。洗ったり茹でたりするとぬめりがとれてしまうように思うが、加熱することでむしろぬめりが強くなるそうだ。きのこの旬は秋ではあるが、なめこは年間を通して安価で安定している手軽な食品。ダイエットフードとしてとりいれてみては?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking