アラフォー女性がダイエットをするときの6つのコツ

Text by

  • 0
123RF

123RF

年齢とともに基礎代謝は落ちていく。そのため、歳とともにどうしても太りやすくなるし、ダイエットをしようにもなかなか体重を落とすのは難しくなるものだ。

だからといって、極端な食事制限や過度な運動をするのは、身体に負担がかかってしまうのでおすすめできない。生活習慣を変え、長期戦で挑もう。

ここでは「MindBodyGreen」より、40歳以上の女性がダイエットをするときのコツを紹介したい。

1.目標は高くても4〜5kg減まで

いきなり、10kgも痩せようとするのは自分を追いつめるだけ。目標が高ければ高いほど、1kg”しか”減っていないと達成感が得られずに、挫折につながってしまうだろう。

まずは控えめな目標を立て、それが達成できたらあと数キロと徐々に進めたい。

2.短期間で効果を出そうとしない

やれ「りんごダイエット」だ「朝バナナダイエット」だと、次から次へと手を出しては「効果があまりない…」など嘆いていないだろうか?

ダイエットはすぐにたくさん痩せる方法を模索するより、継続することが大事。ランチタイムに外へ出て歩くようにするなど、負担のないところからはじめよう。

少しずつでも確実に体重が落ちているなら、そのまま継続すればいつか目標体重に到達するのだから焦ることはない。ダイエットがそのまま生活習慣となれば、リバウンドも抑えられる。

3.食べたものを書き留める

「そんなに食べていないのに痩せない…」などと悩む人がいるが、そういう人に限って小さな間食を繰り返していたりするものだ。

朝昼晩の食事を含め、いつ何をどれだけ食べたかざっくりと書き留めてみよう。自分が意外に食べていることに気づくと思う。

それに、食べるものや食べ方の傾向が見えてくれば、手を打つのもより簡単になる。

4.手の届く所に食べ物を置かない

おなかが減っているわけではないのに、ストレスや手持ち無沙汰でつい何かを食べてしまうということはないだろうか?

会社のデスクの引き出しの中、家のリビングなど、食事をするスペースではない所に食べ物を置かないようにしたい。

また、誘惑に負けてスナックやスイーツを買ってしまう危険があるので、コンビニに立ち寄るのも最小限に。

5.気楽にやる

ときには食べ過ぎてしまうこともあるだろうし、たまの友人とのお茶でケーキを我慢することなんてない。

それによって、体重がほんのちょっと増えてしまっても気にすることないのだ。

追いつめてストレスになれば、かえって挫折を引き起こしやすくなると言うもの。最終的に目標が達成できればいいと気楽に構えよう。

6.期限はゆるく

「○月○日に、〜があるから、××kgまで体重を落とす!」などといった細かい目標設定をしてしまうと、うまく可能性はどうしても低くなってしまうのでおすすめできない。

そこで失敗したと諦めてしまう方がうんともったいない。どんなに時間がかかったとしても、とにかく痩せるという目標だけは手放さないように。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking