努力なしに痩せる10の習慣

Text by

  • 11
123RF

123RF

ダイエットには、激しい運動や、食事制限、カロリーコントロールが不可欠であると思っていないだろうか。

はじめのうちはやる気にあふれているかもしれないが、すぐに言い訳が出て、あっという間に挫折してしまったという経験がある人も少なくないだろう。

それよりも、ちょっとした日々の習慣を意識して変えることで、ゆるやかに体重を落としていく方がうまく行くように思う。

今日は「POPSUGAR」を参考に、努力しないで痩せる10の方法を紹介したい。

これで痩せなければ、今の自分の体重は適正体重ということなのかも?

1.食事の前にコップ一杯の水を飲む

喉が渇いていると、余計に空腹を感じるもの。毎回の食事の前にコップ一杯の水を飲むことで、食べ過ぎを防ぐことができる。

2.ビネガーベースのドレッシングを使う

ヘルシーなサラダでも、ドレッシングの選び方次第ではカロリーを余計に摂ってしまうことに。クリーミーなものではなく、フレンチドレッシングのような酢の利いたものがおすすめ。

(ノンオイルドレッシングは化学物質が添加されていることが多いので避けるのがベター。)

3.ドライフルーツよりも生のフルーツ

ドライフルーツはヘルシーかと思えば、水分を飛ばしている分、糖度もカロリーも高め。ダイエット中は生のフルーツをチョイスしたい。

4.デザートにはダークチョコレートを

食後やおやつに甘い物が食べたくなったら、ダークチョコレートを選ぼう。必要以上の砂糖を断つことは、ダイエットだけでなく健康面にもメリットがある。

5.小さな器に盛りつける

不思議なもので、たとえ小さな器だとしても、それを”食べ切る”ことで意外と満足できてしまうもの。

おやつを食べるときも器に盛りつけ、残りはキッチンの棚にしまい込むことで「もうちょっとだけ…」という心理をコントロールしよう。

6.もっと動く!

駅では階段を使う、ランチタイムにはちょっと遠くのお店まで足を伸ばす、一駅手前で降りて歩くなど。ちょっとしたことだが、消費カロリーが増えることには違いない。

7.カロリーのある飲み物を避ける

ソーダのような清涼飲料水はもちろん、フルーツジュースや、ワインなどのアルコールもセーブしたい。ミネラルウォーターに飽きたなら、レモンやキュウリ、ミントを浮かべるなど工夫を。

8.おなかを空かせすぎない

食事と食事を開けすぎて、飢餓状態になってしまうと食べ過ぎになりがち。また、血糖値が下がりすぎてしまうことも。

9.間食には高たんぱくなものを

スナックやクラッカーのような糖質ではなく、高たんぱくで、できれば繊維質の多い物を選びたい。間食は150kcal程度に抑えれば、ダイエット中でもOK。

10.十分な睡眠を取る

睡眠不足だと余計に食べてしまうので、1日7時間はできれば寝たい。きちんと眠るためには、夕飯を早めに、軽くすることもポイント。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking