脱水症状を避けるために。運動中の水分摂取のポイント5つ

Text by

  • 0
123RF

123RF

ヒトの身体の60パーセントは水分。実は、たったの2パーセント程度でも減ってしまうと、のどの渇きだけでなく、食欲が落ちる、不快感を感じるなど身体に不調をきたしてしまうそう。特に汗をかく運動中の水分摂取は、怠らないようにしたい。そこで今回は、「Health」を元に、水分補給のポイントを紹介しようと思う。

1.「水」がベスト

常に飲むものとしては、プレーンの「水」を選びたい。

2.激しい運動なら「スポーツドリンク」も

激しい運動後にはカルシウムなどのミネラルが不足しがちなので、ミネラルウォーターやココナッツウォーターなどを選ぶのもひとつ。ただし、ヨガなどの軽い運動の場合は水で十分。

3.筋肉損傷を補うには「ミルク」

運動による筋肉のダメージを補うのに、たんぱく質が必要になるため、ミルクを飲むのもいいとか。

4.運動前にも飲む

特にマラソンなど、汗をしっかりかくような運動をする予定なら、1~2時間前から意識的に水分を取るようにするといいそう。

5.こまめにしっかり飲む

汗をしっかりかくような運動をしているときは、15分おきに100ml~200mlは飲むのがおすすめ。

もちろん摂りすぎれば、血中のナトリウム濃度が下がりすぎてしまうという心配はあるが、たいていの人は水分が足りなくなる可能性のほうが高いのでさほど心配することはないよう。

のどが渇いたと感じるより前に、こまめに水分補給をしたい。

ちなみに普段の生活で、健康に充分な水分が摂取できている人は意外にも少ないという。こちらの記事も参考に、日ごろからこまめな水分補給を意識したい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking