まるでスタートレック?しゃべった言葉を翻訳する携帯アイテム

Text by

  • 1
IRORIO20130816_01a

まだ精度は完璧とはほど遠くても、機械による翻訳の技術が進んでいる。

最近では、スマートフォンを通して翻訳できるアプリがあるが、話をするたびにスマホを出すのは面倒ということで、喋った言葉を翻訳して外国語でしゃべってくれるデバイス『シグモ』が登場した。

この『シグモ』は翻訳アプリを入れたスマートフォンとBluetoothで連動させることで、音声を翻訳しての会話が可能だ。

『シグモ』のデバイス部分には2つのボタンがあるが、1つは自分が喋った言葉をあらかじめ設定した言語に翻訳してしゃべってくれるもの、もうひとつは聞きとった外国語を翻訳して話してくれるもの。

しゃべるたびにスマホを出すのは恥ずかしいし、海外ではスマホをひったくられる心配がある。『シグモ』なら、4cm角のデバイス部分をストラップで胸にぶら下げるか、襟元に留めておけば必要な時にすぐ使えるというのだ。

なお、『シグモ』はリアルタイムで25言語の翻訳ができるという。今の機械翻訳の精度を考えると、日常会話すべてに対応できるとは思えないが、勝手の分からない海外に旅行した時に有効なアイテムかもしれない。

現在、製作者はクラウドファウンディングサイト「インディゴーゴー」で資金を募っており、50ドルの出資で『シグモ』が1つもらえるとのこと。試しに出資してみる?

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=XjyhPnd-AEI&feature=player_embedded[/youtube]

Sigmo Limited

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking