著作物の権利はすべて譲渡?ユニクロのアプリに疑問の声

Text by

  • 0
123RF

123RF

5月19日、ユニクロが自分でTシャツをデザインできるスマホアプリ「UTme!」をリリースした。これはアプリ上で画像やフォントを組み合わせて送信すれば、一枚1,990円で自分がデザインしたTシャツが届くというもの。

自分でTシャツが簡単に作れるとあってリリース後すぐ話題になったが、しかし、「UTme!」の公式サイトにある利用規約を見ると、「アプリで作成したデザインデータの著作権はユニクロの物になってしまうのでは?」と懸念を抱かざるをえない。

作成したデータは投稿時に無償で譲渡することになる!?

問題となっている部分は、利用規約の「第9条(権利帰属)」の部分。

iii.ユーザーは、投稿データについて、その著作物に関する全ての権利(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます)を、投稿その他送信時に、当社に対し、無償で譲渡します。

「当社に対し、無償で譲渡」ということはつまり、ユーザーが作成したTシャツデザインの権利はユニクロのものになってしまうということ。自分が作ったデザインを別の用途で使えなくなってしまうし、さらに、自分のデザインを掲載するとユニクロに無断利用で訴えられる、ということもあり得てしまう。

ユーザーは著作者人格権を行使できない?

また、権利の譲渡に続いて問題なのが、著作者人格権についての記述だ。

iv.4.ユーザーは、当社及び当社から権利を承継しまたは許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。(「4.」は文中ママ)

著作者人格権とは、公表権、氏名表示権、同一性保持権の3つの権利が定められており、作品の公表の方法や著作者名の表示方法が自分で決められる権利や、改変など自分の意に反した公表をされない権利を指す。

「著作者人格権を行使しない」に同意してしまうと、自分のデザインが知らない間に改変されて販売されてしまう、なんて事態も起こり得てしまう。

ユニクロ以外にもネットサービスでのライセンスについての規約が問題になることは、mixiで日記についての利用規約などこれまでにもあった。

ネットサービスでは、サムネイルや広告で作品を流用する機会が多く、問題を起こさないようスムーズに作品を利用するため、という主旨なのかもしれないが、解釈しようによっては利用者にとって一方的に不利だと読めてしまう。

せっかくのサービスでも、規約内容でユーザーに反感を買ってしまったら企業イメージの低下につながるだけ、とネットサービスに携わる企業は理解しておいた方が良いのではないだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking