ついに空中に浮くホバーバイクが発売か?

Text by

  • 1
Aerofex

Aerofex

浮きながら走るバイクはSFによく登場するガジェットだが、ついに現実でも登場するようだ。

その乗り物とは、アメリカ・カリフォルニア州の企業エアロフェックス社が開発しているホバーバイク「Aero-X」。同社は、2017年に発売するとして同社のサイトで予約受付をしている。

前後にある大きなファンで浮揚し最大高度は約3.6m

このAero-Xはカーボンファイバー製で大きさは長さが4.5m、幅が2.1mで2人乗りだ。前と後ろに各1つの大きなファンを備えた作りになっており、ファンの力で浮きあがって走行するという仕組みで、垂直離陸後にバイクに乗るような簡単な操作で走行ができるという。

Aerofex

また、燃料は自動車用ガソリンで満タンにして75分間の稼働が可能で、最高速度は約時速72km、最高高度は約3.6mまで達する。

2017年の発売で価格は約850万円の予定

エアロフェックス社のCTO、マーク・デ・ロシュはAero-Xの用途について「農業や放牧、測量にプラスの影響を与えることになる」といい、また「その直感的な操作、低コストでユニークな機能は、捜索救助、災害救援、パトロールに利用できるだろう」と述べている。

このAero-Xは2017年に発売され、価格は85,000ドル(850万円)になる予定だという。エアロフェックス社のサイトから予約可能だが、ただし5,000ドルの補償金が必要になるという。

非常にオタク心をそそられるバイクだが、ただし、購入しても今の日本の道交法では公道の走行は不可能。また、ファンが巻き起こす強風の問題もあり、購入しても日本ではどこで使うかが難しそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking