好きな腕時計をスマートウォッチにできるアクセサリー

Text by

  • 0
20140624_02a

手首に装着してメールの送受信や電話着信などスマートフォンのような機能を持つスマートウォッチに注目が集まっており、SONYやサムスンといったメーカーはもちろん、時計やスポーツ系メーカーも新製品を発売している。

次世代のデバイスとして注目を集めているスマートウォッチだが、愛用の腕時計を持っている場合、それを外してまで使うのかという悩みが出てくるのではないだろうか。そんな、スマートウォッチでない時計のベルトに装着することで、スマート化できるアクセサリーが登場した。

腕時計のバンドにパネルをひっかけるだけ

このアクセサリーの名前は「Glance」といい、カナダにあるベンチャー企業・キウイウェアラブルズ社が開発したもの。現在は量産化のためにクラウドファウンディングサイト・Kickstarterで出資を募っている状態だ。

Glanceは、湾曲したパネル状の本体を時計のベルトにはさんで利用する。本体はベルトが通るガイド部分と1行表示可能なディスプレイで構成されており、装着すると時計のベルトの脇からディスプレイだけピョコっと出る仕組みだ。腕時計でなくともしっかりとしたブレスレットなど腕に巻くものがあれば何でもスマートウォッチにすることが可能だ。

エアマウス機能も搭載!?

このGlanceは、Blutoothによるスマートフォンの専用アプリを連携やバイブレーションとLEDによるお知らせ機能、モーションセンサー搭載と、スマートウォッチとしての機能を一通り搭載。加えて、パソコンやスマートテレビと連携させてマウスやリモコンとしても使用できるという。

Kiwiwearables

この製品の価格は65ドル(約6500円)の予定だが、Kickstarterを見るとまだ予定の半額以下しか集まっていないようだ。ユニークなガジェット大好きな方は、ぜひ投資してみてはいかがだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking