”マッサンの夢がかなった!”「山崎」が歴代最高点で世界最高のウィスキーに選ばれる

Text by

  • 0
「サントリー」HP

「サントリー」HP

「山崎シングルモルト・シェリーカスク」が、世界最高のウィスキーに選出された。

史上初!日本産ウィスキーが世界最高に選出

3日発売の英国のウィスキーガイドブック「ワールド・ウィスキー・バイブル2015」で、サントリーのウィスキー「山崎シングルモルト・シェリーカスク2013」が世界最高のウィスキーに選ばれた。

「山崎シングルモルト・シェリーカスク2013」は、100点満点中97.5点という高得点を獲得。歴代最高点と並ぶ高得点だ。日本産のウィスキーが1位を獲得するのは、ワールド・ウィスキー・バイブルの12年に及ぶ歴史上、始めて。

 山崎蒸留所の初代工場長はマッサンのモデル竹鶴正孝

山崎蒸留所は、1923年に建設された日本初のモルトウィスキー蒸留所。その後、国産第一号ウィスキーである「白札」や「角瓶」などを生産し、1984年にシングルモルトウィスキー「山崎」が誕生した。

この山崎蒸留所の初代工場長は、竹鶴政孝。現在放送中の朝ドラ「まっさん」の、エリーの夫「亀山政春」のモデルとなっている人物だ。

サントリーの前身である寿屋の鳥居信治郎が、本格ウィスキー製造のために、ウィスキーの権威ムーア博士に技術指導を打診したところ、このように言われたという。

「日本には若くて優秀な、スコッチ・ウィスキーの技術者がいるではありませんか。竹鶴政孝という青年です」

その後、鳥居は正孝を好条件で雇い、1929年に日本初の本格ウィスキーを作り上げた。

マッサン効果で、ウィスキー売上増

「マッサン」は、5週連続で視聴率が20%以上を記録している人気番組だ。

その影響か、国内ではウィスキーの売上が増加しているという。ニッカウィスキー「竹鶴」の売り上げは、1月以降前年同月比40%増。ニッカの柏工場は、休日を返上してウィスキー製造を行っている。

ネット上に「ウィスキーが飲みたい」との声

今回の受賞は、ネット上でも話題になっている。

他にも、「朝ドラに合わせたようなタイミング!」「マッサンの夢が叶った」「飲みたくても売ってないよ」など、多くの反響が寄せられている。

朝ドラと今回の発表の相乗効果で、ウィスキー市場はさらに盛り上がりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking