「振り込め詐欺が増えるのでは?」銀行の振り込み24時間365日化に不安の声

Text by

  • 0
123RF

123RF

銀行での振り込みが24時間・365日即時決済できるようになる見通しだ。

2018年からの稼働を目指す

全国銀行協会は、銀行で「24時間・365日振り込みができるシステム」を導入する方針を固めた。

現在、銀行で直ちに振り込める「即時決済」ができるのは、平日の午前9時~午後3時が原則。それ以降の時間や土日祝日の他行あての振り込みは、翌営業日回しとなっている。

新システムの稼働は、2018年中を目指しているという。

ネット上には多くの反響

この発表を受け、ネット上には多くの反響が寄せられている。

「導入時期の遅さに対しての指摘」や、「振り込み手数料の増加を心配」する声が多く見られた。

振り込みが24時間可能となることで、振り込め詐欺などの金融犯罪が増えるのでは…と心配する声もあった。

企業のメリットは?

振り込みの24時間化により、企業には以下のようなメリットが想定される。

  • 週末の稼働が多いサービス業や流通業で、土日の決済が可能になる
  • 手形の不渡りを判断する時間(現在は午後3時)が変更になり、午後3時以降や週末も金策できる
  • 中小企業がネット通販に参入しやすくなる

振り込み時間の制限がなくなることで、企業活動の幅が広がりそうだ。

課題は?

24時間365日即時決済システムには、以下のような課題もある。

  • 新システムの構築にかかった費用が、手数料に上乗せされる可能性がある
  • 午後3時以降や土日祝日に対応できるような、企業の体制づくり
  • 不正送金などの監視体制

受け入れ態勢をしっかりと整えて、トラブルに備える必要があるようだ。

世界で広がる「即時決済」

24時間365日即時決済は、世界でも広まりを見せている。英国やスウェーデン、シンガポールでは、すでに24時間365日即時決済が稼働。

また、米国やオーストラリアでも、24時間365日即時決済に向けての動きが進んでいる。

銀行振り込みが24時間365日決済に変わることで、国内外でお金の流れが変わりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking