かっこよすぎ!清水建設の「深海都市構想」に賞賛の声が続出

Text by

  • 14
「清水建設」HP

「清水建設」HP

清水建設が「深海未来都市構想」を発表した。

 2030年~2050年には実現可能?

清水建設は18日、深海未来都市構想「OCENAN SPIRAL」を発表した。

「清水建設」HP

深海未来都市「OCEAN SPIRAL」の構成は、以下のようになっている。

  • 海面付近にある直径500mの球体「BLUE GARDEN」:主として人が活動する空間
  • 球体から海底に向かって伸びる直径600mの螺旋状構造物「INFRA SPIRAL」:人・モノ・情報の搬送機構
  • アンカーケーブルで海底に固定された海底施設「EARTH FACTORY」:地球資源工場

深海未来都市の建設地は「水深3千~4千メートルの平坦な海底が広がる海域」を想定しているという。

総工費は3兆円、工期は5年間の見込みで、早ければ、2030年~2050年には実現可能ということだ。

この深海未来都市構想は、清独立行政法人「海洋研究開発機構」や東京大、佐賀大、昭和電工などの協力を受けて、清水建設のスタッフ20人が2年がかりで練りあげた。

収容人数5千人?

球体「BLUE GARDEN」の中央部には75層の中央タワーが築かれ、ホテルや商業・コンベンション、オフィス、住居、研究・実験施設などが入る。

収容人数は、居住者4千人と来訪者千人の合計5千人だという。

資源開発にも期待?

海底施設「EARTH FACTORY」では、「海底資源の採掘」や「養殖漁業」、「海洋発電」などを行う構想となっている。

また、海底メタン生成菌を利用して「地上で排出された二酸化炭素のメタンガスへの転換」や「レアアースなどの資源の持続的回収」なども期待できるという。

 ネット上には驚きの声が殺到

この発表を受け、ネット上には驚きの声が殺到している。

「深海を本格的に利用することで、地球における人類社会の持続性の飛躍的向上を目指す」と清水建設は述べている。

シミズ・ドリーム

清水建設はこの他にも、さまざまな未来構想「シミズ・ドリーム」を提案している。

  • 月太陽発電「LUNA RING」
  • 植物都市「GREEN FLOAT」
  • 空中立体都市「TRY2004」
  • 分散ネットワーク型都市「インターセルシティ」
  • 地価と地上の共存を実現する「アーバン・ジオ・グリッド」高層
  • 砂漠に湖を作り水のネットワークを形成する「デザート・アクア・ネット構想」
  • 宇宙ホテル
  • 月面基地

清水建設は「さまざまな構想の検討を通じて、新しい技術へのチャレンジや将来に向けた提言を行っていく」と述べ、今後も未来構想を検討し続ける姿勢を示している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking