貯蓄を取り崩して生活している人が増加?ついに、日本の家計貯蓄率がマイナスに

Text by

  • 5
123RF

123RF

家計における貯蓄の割合が、マイナスとなった。

家計貯蓄はマイナス3兆円超

内閣府は25日、「平成25年度国民経済計算確報」発表した。

それによると、所得のうちどれだけ貯金に回したかを示す「家計貯蓄率」が、2013年はマイナス1.3となった。家計貯蓄率がマイナスになるのは、1955年度以降初めてだという。

また、所得から消費を差し引いた「家計貯蓄」の額は、マイナス3兆7千億円だった。

2012年の家計貯蓄は、2兆6千億円。2013年は前年より所得が増加したものの、消費の増加がさらに大きかったことから、家計貯蓄が減少する結果となった。

この結果から、所得だけでは足りずに貯金を取り崩して生活している人が多いという状況が読み取れる。

家計貯蓄は減少の一途

日本の家計貯蓄率は低下している。

内閣府「平成25年度国民経済計算確報」

1980年代初頭には15%ほどの高水準だった貯蓄率は、1990年代以降継続的に低下。2013年にはマイナスとなった。

高齢化の影響?

貯蓄率が低下している原因としては「高齢化」が考えられる。仕事を退職した人たちが、貯金を取り崩して生活を賄っていることで、貯蓄率が減少するのだ。

また、それ以外にも「社会保障制度」や「可処分所得」、「家計資産水準」「消費者金融制度」も貯蓄率低下の要因と考えられている。

ネット上には賛否両論の声

この発表を受けて、ネット上には多くの反響が寄せられている。

  • 「勤勉で貯蓄好きな日本人」伝説崩壊
  • 収入だけでは生活できなくなったということでは?
  • 生活は苦しくなっているのです!
  • とても貯蓄に回らないほど、国民、とくに中間層や若者の収入が減っていることもあるのではないか
  • 当たり前だろうなぁ、年金生活者が増えてるのに貯金は増えんぞ
  • 高齢社会になると収入がなく貯蓄を取り崩す人が増えてさらに貯蓄率下がるんだろうな。良いことかもしれない
  • この傾向が続けば、世界最強と思っていた日本国債にも大きく影響が出る

「貯蓄に回せないほど家計が苦しいのだ」という声がある一方、「景気回復につながるのではないか」という見方もある。

貯蓄率低下の影響は?

貯蓄率の低下は、日本の経済にどのような影響を及ぼすのだろうか。以下のような影響が想定される。

  • 国際が国内資金のみでファイナンスしにくくなり、巨額の財政赤字が長期金利の上昇につながる可能性
  • 経常収支が赤字に転落
  • 投資の低下

貯蓄率の低下で国内における国債の買い余力が低下することは、日本の財政運営にとって深刻な問題だ。財政再建を進める必要がある。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking