大分大学、ハエを追い払おうとしてセンター試験の開始が20分遅れる!

Text by

  • 0
123RF

123RF

今年のセンター試験で、ハエを追い払おうとして試験開始時間が遅れた会場がある。

トラブルで試験開始を繰り下げ

17日・18日に大学センター試験が開催された。

今回の大学入試センター試験では、全国の少なくとも13大学15開場で試験開始の繰り下げが発生した。

試験開始時間が繰り下げられた理由に、「電車ダイヤの乱れ」や「大雪」などが並ぶ中、「ハエ」が原因で試験開始が遅れたという会場があった。

「ハエが飛んでいる」と受験者から訴え

センター試験の大分大学試験会場では、ハエを追い払おうとして試験開始が20分遅れる事態となった。

大分大学によると、35人の受験者がいた会場で、1科目が終了して答案用紙を回収する際に、受験者から「ハエが飛んでいて集中できない」と、対応を求める声があったという。

そこで、試験監督者は室内を飛び回る虫を駆除しようと、2科目目の「理科2」の試験開始を遅らせて虫を追い払おうと試みた。しかし、結局虫を追い払うことはできなかった。

この事態により、この会場では試験開始が20分遅れることになった。

「あまり聞いたことが無いケース」と入試センター

このトラブルについて、大学入試センターはこのようにコメントしている。

虫が原因で試験開始が遅れたケースは、あまり聞いたことがない

ハエが原因でセンター試験の開始時間が繰り下げられるのは、珍しいケースのようだ。

ネット上には「対応して正解」との声が多数

このニュースを受け、ネット上には多くの反響が寄せられている。

  • ハエぐらい我慢しろやぁ!
  • ハエごとき気にするなと言いたいけど、ブンブンされたらうるさい
  • ナーバスな学生にとって、ハエは重大な問題
  • 虫が苦手な受験生が居たら試験どころではなくなるから、対応するしかない
  • たとえ遅れたとしても対応しても良かった
  • 受験生によい環境を確保しようと頑張った係員さんステキ
  • 来年から各会場に捕虫網が用意される展開になるんだろうか

ハエが原因でセンター試験の開始が遅れるという聞きなれないニュースに、驚いている人が多数だった。

結局、ハエは自ら出ていった

ネット上には、問題の会場で試験を受けていた人からの投稿もみられた。

 試験監督者達が約20分かけても追い払えなかったハエは、結局、自分で外に逃げていったようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking