au発表の”スマホの買い替えをサポートするプラン”に「得じゃないのでは?」という意見が続出

Text by

  • 0
123RF

123RF

auが、最新機種への買い替えをサポートするプログラムの提供を始める。

旧機種代金の分割支払金残高が無料に

KDDIは19日、指定のau携帯電話を18ヶ月以上使用している客が機種変更をする際に、分割支払金を無料とする「アップグレードプログラム」の提供を2月6日から開始することを発表した。

アップグレードプログラムでは、19ヶ月目に機種変更した場合、旧機種代金の分割支払い金額が無料になる。機種代金の1/4が無料になる計算だ。

また、20ヶ月目から25ヶ月目(分割支払終了月)までのいずれかの付きで機種変更した場合には、旧機種代金の分割支払金額が無料になるほか、権利が生じてから使うまでの月数分のプログラム料が返金される。

なお、分割支払金無料の権利を使わずに機種変更した場合や、26ヶ月(分割支払終了月)以降に機種変更した場合には、プログラム料が全額返金される。

指定機種の購入と月額料金が必要

アップグレードプログラムに加入するには、「対象機種を24ヶ月の割賦契約で購入し、同時に月額300円(税抜)のアップグレードプログラムに加入」する必要がある。

また、「データ定額2/3/5/8/10/13」か「データ定額2(v)/3(v)/5(v)/8(v)/10(v)/13(v)への加入も必要となる。

対象となる機種は、「i Phone 6」「i Phone 6 Plus」「INFOBAR A03」「AQUOS SERIE mini SHV31」

 なお、小学生以下の子どもを対象とした「ジュニアスマートフォンプラン」には、1月下旬からアップグレードプログラムが無料特典として先行付与される。

機種変更時、旧機種を回収

アップグレードプログラムが適用されるには、以下の条件を満たす必要がある。

  • 対象端末を18ヶ月以上利用した上での機種変更
  • アップグレードプログラムへの継続加入
  • 機種変更した際に、旧機種を回収する

なお、機種変更時に回収される旧機種は故障や水漏れ、破損がなく、正常に動作する状態でないといけない。

ネットには「下取りの方が得なのでは?」という声

auの発表に、ネットには多くの反響が寄せられている。

 

「下取りの方が得なのでは」「エンドレスでauに囲い込まれる」などと、ユーザーのメリットは少ないという意見が多く見られた。

ユーザーのメリットは?

現在、auでは64GBのiPhone6の新規購入価格は85,320円(3,555円×24ヶ月)。毎月割を契約した場合の、実質負担額は12,960円(540円×24ヶ月)となっている。

この64GBのiPhone6を毎月割に加入せずに新規購入してアップグレードプログラムを利用した場合、19ヶ月目の機種変更時には最大24,885円が無料となる。

しかし、毎月割やiPhoneの下取り(auでは現在iPhoneを6,000円~25,000円で下取りしている)やプログラム代(月額300円)などと照らして考えると、確かにユーザーのメリットは少ないようにも思える。

下取り価格の安いスマホを使っている人が、次々に新しい機種に乗り換えたいなどという場合にはメリットがあるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking