4月から「ネスカフェ」が約20%値上げに!原因は”円安”と”コーヒー豆の高騰”

Text by

  • 0
「ネスレ」プレスリリース

「ネスレ」プレスリリース

ネスレの即席コーヒーが値上げになる。

ネスカフェが大幅値上げ

ネスレ日本は24日、「ネスカフェ レギュラーソリュブルコーヒー」製品の価格を改定すると発表した。

「レギュラーソリュブルコーヒー」製品とは、「ネスカフェ エクセラ」や「ネスカフェ ゴールドブレンド」、「ネスカフェ 香味焙煎」、「ネスカフェプレジデント」、「ネスカフェ ゴールデンブレンド カフェインレス」などのお湯で溶かす即席タイプのコーヒー。

家庭用の「ネスカフェ レギュラーソリュブルコーヒー」製品の値上げは、平均約20%となる。値上げとなるのは、4月1日から。

ブラジルの干ばつが影響

ネスレは値上げの理由として、「コーヒー生豆相場の高騰」と「円安」をあげている。

コーヒー生豆の世界最大の生産・輸出国のブラジルで干ばつが続いたため、収穫量が減少して価格が高騰しているという。価格高騰と円安により、2014年12月のコーヒー生豆の国債相場は、2013年9月と比べて円相場で約80%近く上昇している。

ネット上には「痛い」という声が殺到

平均20%というネスカフェの大幅値上げに、ネット上には多くの反響が寄せられている。


他にも、「値上げ前に買いだめしないと」「他のメーカーも追従するのでは?」などといった声が投稿されていた。

「ソリュブルコーヒー」って何?

お湯に溶かして飲むタイプのコーヒーは「インスタントコーヒー」と呼ばれることが多い。なぜネスレは「ソリュブルコーヒー」という呼び方を使っているのだろうか。

ネスレは、微粉砕した焙煎コーヒー豆をネスレ独自のコーヒー抽出液と混ぜ合わせて乾燥し、ソリュブルコーヒーの中に閉じ込めるという技術をネスカフェに採用し、2013年に新発売した。

この新しい製品は公正競争規約の「インスタントコーヒー」の定義に該当しないことから、ネスレは「レギュラーソリュブルコーヒー」という名称を表記したのだ。

協議会は「ソリュブルコーヒー」という名称を認めず

 「ソリュブルコーヒー」を巡って、ネスレと国内のコーヒー協議会との間で一悶着があった。

全日本コーヒー公正取引協議会は、ネスレの「ソリュブルコーヒー」という名称の使用を認めず、また広告表現として使うのも不当だとする公正競争規約改定案を採択した。

このことによりネスレは、「全日本コーヒー公正取引協議会」と「全日本コーヒー協会」、「日本インスタントコーヒー協会」、「日本珈琲輸入協会」を退会することを決めた。

ネスレは、これまで通り食品関連法規を順守した表示を行い、「レギュラーソリュブルコーヒー」という名称を表記し続けるという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking