ミカンの皮とヨーグルトを同時に摂ると「花粉症が和らぐ」という研究結果!

Text by

  • 3
123RF

123RF

ミカンの皮とヨーグルトを同時に摂ると、花粉症が和らぐという研究結果が出た。

搾った後のミカンの果皮に注目

愛媛大の菅原卓也教授らは28日、日本農芸化学会で「ミカンの皮とヨーグルトに含まれる成分を同時に摂ると、花粉症が和らぐ」という研究結果を発表した。

菅原卓也教授らは、温州ミカンを絞った後に残る柑橘果皮に、さまざまな機能性成分が含まれていることに注目して研究を進めていた。

相乗効果で炎症反応を抑える

研究チームは、温州ミカンの皮に含まれる「ノビレチン」には、抗アレルギー効果があることを確認していた。

ノビレチンを、同じく花粉症の炎症反応を抑える働きがある牛乳成分「βラクトグロブリン」と共同で作用させたところ、その効果が相乗的に高まることを確認した。

実験で効果

菅原卓也教授らは、スギ花粉症患者26人に、すり潰したミカンの皮を混ぜた牛乳成分を含む飲むヨーグルトを、1日1回飲んでもらった。

飲み始める前と飲み始めて2週間後に、花粉症の原因物質を両目に点眼して30分後の症状を比較したところ、飲み始めて2週間後は、全員でかゆみなどの自覚症状が大きく低下した。また、眼球表面の温度上昇も、飲む前の約半分となった。

マウスを使った実験では、くしゃみにも効果

菅原卓也教授らは以前、温州ミカンと牛乳成分を含むヨーグルトをスギ花粉症モデルマウスに投与する実験も行った。

マウスに温州ミカンの皮に含まれる「ノビレチン」と牛乳成分「βラクトグロブリン」を経口投与したところ、花粉症の症状の一つである「くしゃみ」の回数が軽減された。

「レンコン」も花粉症に効果?

今回発表された「ミカンの皮」の他に、「レンコン」にも花粉症を和らげる効果があるといわれている。

埼玉医科大学の和合教授によると、620人を対象にレンコン成分を三か月摂取してもらったところ、81%の人に症状改善が見られた。

「レンコン」には、「ポリフェノール」や「ムチン」といった花粉症の症状を和らげる働きがある成分が含まれている。また、こちらもヨーグルトなど乳酸菌を含む食品と一緒に摂ることで、相乗効果が期待できるという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking