「苦しむ姿が面白かった」と、老人に暴行し撮影した介護職員3人を逮捕!

Text by

  • 1
123RF

123RF

入居者への暴行容疑で、介護施設の男性職員3人が逮捕された。

無届け介護施設で暴行

愛知県警守山署は31日、入居者に暴行を加えた疑いで、名古屋市名東区の無届け介護施設「ケアホームひまわり」の男性職員3人を逮捕した。

この施設は無届け介護施設で、数年にわたって名古屋市から届け出をするように指導を受けていたという。

つきまとい事件の捜査で発覚

逮捕されたのは、鈴木啓太容疑者(26歳)、物部拓史容疑者(29歳)、横井一樹容疑者(36歳)の3人。

守山署によると、女子高生へのつきまとい行為で横井容疑者を捜査していたところ、横井容疑者のスマホから入居者に暴行を加えている様子を写した動画が見つかったという。

「やめて」と叫ぶ女性入居者に暴行

3人は2月21日の夜、入居中の93歳の女性の口に指を差し込み鼻を指でふさぐなどの暴行を加えたとされている。スマホには、女性が「やめて」と叫んだり、3容疑者が笑っている様子が映っていた。

横井容疑者ら2人は、次のように話し容疑を認めている。

苦しむ姿が面白かった

鈴木容疑者のスマホには、男性入居者の下半身を撮影した画像も保存されていた。物部容疑者は容疑を否認している。

ネット上には怒りの声が殺到

この逮捕を受けて、ネット上には怒りの声が届いている。


「介護施設での虐待事件がふえているのはなぜ?」という疑問の声も上がっていた。

介護施設職員による虐待が問題に

2013年、介護施設職員による高齢者への虐待が過去最高の221件に上った。

文部科学省の分析によると、重い認知症がある入居者は身体的虐待を受ける割合が特に高かったという。認知症特有の症状について職員に十分な知識がないことで、虐待につながっている可能性もあるとみられている。

人材不足で職員の質が低下か?

介護業界は、低い賃金水準や労働の過酷さから人手不足が深刻な問題となっている。特に新卒採用では、介護業界に絞って就職活動をしている学生は福祉系の大学以外にはほとんどいない状況だ。

そのため、採用されやすいだろいうという理由で応募してくる学生が増えている。ある介護企業の選考では、応募者の半数以上が簡単な筆記試験で問題を5割も解けなかったり、面接で堂々と「他の業界で全滅したので、介護業界を回っている」と話す学生もいたそうだ。

人出不足に悩む介護施設では、やる気や能力が低い人材でも採用せざるをえないのが現状だという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking