ドコモ、ガラケー料金で使える「ガラホ」を発売へ!auも新プランを発表

Text by

  • 1
123RF

123RF

ドコモからガラケーと同じ料金プランで利用できる「ガラホ」が発売される。

ドコモケータイプランで利用可

ドコモは13日、2015夏モデルの10機種を開発し5月下旬から順次発売すると発表した。

うち2種類は、中身はスマホと同じアンドロイドだが、見た目や操作性は従来の携帯電話と同じいわゆる「ガラホ」。従来の「ドコモケータイ」と同じ使い勝手で利用でき、料金も従来のガラケー料金プランが利用できる。

ネット上には「ありがたい」という声

先月、国内の携帯端末メーカーが「ガラケー」の生産を2017年以降に中止するという報道が流れた際、ガラケーユーザーから「スマホの高い料金プランだけになるのでは」と不安の声が続出していた。

従来のガラケー料金で使えるガラホが発売されることに、ネット上には喜びの声が寄せられている。

  • 「プランそのまま」素晴らしい。やるなドコモ
  • 値段据え置きはありがたい
  • 電話はこれでいいや
  • Eメールし放題プランが残るのなら、すごい助かる
  • 通信料金が高くならなければ、なんでもいい

しかし一方で、今回発売される2種のガラホには「おサイフケータイ」機能がついていないことや「LTE非対応」など、機能面に対する不満も多数投稿されていた。

なお、電池は長時間使用となっている。

auも追随

ドコモが従来のガラケー料金プランで利用できる機種を出すと発表した翌日、KDDIはいわゆる「ガラホ」であるauケータイ「AQUOS K SHF31」向けに、新しい料金プランを追加すると発表した。

3Gケータイ向けプランと同等の無料通話付プランを提供。データ定額サービスは定額500円からデータ通信料に応じた料金(上限4200円)で利用できる。また、国内電話定額サービスと6つの容量から選べるデータ通信料定額サービスも提供される。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking