ドンキが一等地に「高級店」をオープン!松阪牛専門店がテナントに

Text by

  • 0
「ドン・キホーテ」ニュースリリース

「ドン・キホーテ」ニュースリリース

激安の殿堂「ドン・キホーテ」が高級店をオープンさせる。

高級住宅地に「プラチナドンキ」を出店へ

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」は15日、一等地を商圏とした「驚安感、猥雑感、高級感のミックス」をテーマにした実験店舗を出店すると発表した。

店舗の名前は「プラチナ ドン・キホーテ白金台店」。都内有数の高級住宅街として知られる港区の白金台で、5月29日にオープンする。

店内は落ち着きのある雰囲気

プラチナドンキの店内は、白とゴールドを基調にした落ち着きのある雰囲気に統一し、ユニフォームも一新。

しかし、24時間営業というドンキの利便性は残したという。

お買得と高品質が共存

取扱い商品は、食品や生鮮食品、総菜や酒、日用雑貨品や化粧品、ペット用品など。生活に欠かせないカテゴリーに絞り込み、お買い得感と品質の拡充を目指す。

食品コーナーには、三重県にある松阪牛専門店「朝日屋」がテナントとして入る。朝日屋がテナント出店するのは、これが全国初だという。

多店舗展開も検討

ドンキの勢いが止まらない。

1989年に1号店をオープンして以来、ドンキは着実に業績と店舗数を拡大している。今月2日にグループ店舗が300店を達成。売上高は7000億円を超えている。

今回新しくオープンした「プラチナドンキ」の売上目標は年商25億円。成績次第では、多店舗展開も検討する。

Posted: |Updated:

Text by

あなたにおすすめ

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking

What’s Hot Ranking