「抱きしめたい…」来年発売の動く”R2D2型冷蔵庫”に反響が続々

Text by

  • 1
「ハイアールアジア」プレスリリース

「ハイアールアジア」プレスリリース

ハイアールが発表した「R2D2型冷蔵庫」に熱い視線が集まっている。

来年「R2D2型冷蔵庫」を発売へ

家電メーカー「ハイアールアジア」は2日、AQUA戦略・新商品発表会を開催。家電の嗜好品化戦略として、2016年に「R2D2型冷蔵庫」を発売予定だと発表した。

ディズニー・ジャパンとのライセンス契約に基づいて、スター・ウォーズのキャラクターを採用した商品を開発しており、その一例としてR2D2型冷蔵庫を発売する予定だという。

リモコンで動く

R2D2型冷蔵庫は、音声や動き、点滅などを本物と同じように忠実に再現する。胴体部分の冷蔵庫には500mlペットボトルなら3本、350ml缶なら6本入るという。

また、リモコンで動かすことができ、飲みたい時に冷蔵庫が移動して飲み物を届けてくれる。

ネット上には「欲しい」という声が続々

R2D2型冷蔵庫の発表に、ネット上には続々と反響が寄せられている。


「可愛い」「ほしい」「いくらなの?」と熱視線が集中している。

社長が30年来のスター・ウォーズファン

ハイアールアジアの伊藤代表取締役社長兼CEOはスター・ウォーズの30年来のファンだという。

伊藤氏は発表で、R2D2型冷蔵庫を作った経緯をこのように述べた。

僕が欲しいからつくりました

伊藤氏は家で映画を見ていて飲み物が欲しくなった時に、「なぜ自分が冷蔵庫まで取りにいかないといけないのか?冷蔵庫がこっちにきてくれてもいいじゃないか」と思い、呼んだら来てくれる冷蔵庫を開発したという。

ハイアールアジアは他にも、スター・ウォーズキャラクターがプリントされた「ハンディ洗濯機」や、スター・ウォーズの「冷蔵庫用着せ替えカバー」も発売する。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking