「怖すぎる…」中国の”プラスチック米”輸出疑惑に衝撃が広がる

Text by

  • 5
flickr_hibisaisai1

flickr_hibisaisai1

インドネシアで中国産とみられる「プラスチック米」が流通していることが判明し、社会問題となっている。

合成樹脂で作られた米状の粒

プラスチック米とは、ジャガイモなどの粉末にポリ塩化ビニールなど合成樹脂を混ぜて作られた米の粒状をしたもの。以前から、中国やインドネシア、シンガポールやマレーシアなどでその存在が指摘されていた。

今回、プラスチック米を使ったお粥を食べたという客が異常を訴えたのをきっかけにインドネシア政府が調査を行ったところ、中国産とみられるプラスチック入りの米が出回っているのが判明したという。

インドネシアは食品テロの可能性を含めて調査を進めている。

体への影響は?

プラスチック米を食べるとどのような影響があるのだろうか?東スポWebによると、中国の中華料理店協会は次のように語ったという。

茶碗3杯食べると、ポリ袋1マイ食べることに匹敵する

プラスチックは消化できないため、恒常的に食べることで胃腸の病気を引きおこす恐れもある。

ネット上には「ひどすぎる」という声が続々

中国からプラスチック米が輸出されているという疑惑について、ネット上には多くの反響が寄せられている。

  • 怖すぎる
  • とうとうここまで来たか…
  • とんでもない!
  • モラルも何もないのでしょうか?
  • 儲かればなんでもいいのだろうか
  • 本当に悪質

米の生産量世界一の中国がプラスチック米を輸出しているという疑いに、衝撃が広がっている。

中国は「無関係」と主張

インドネシアでプラスチック米が流通していることについて、中国商務部は次のように表明した。

中国は2008年以降、インドネシアにコメを輸出しておらず、中国企業は無関係

中国は、プラスチック米どころかインドネシアに米の輸出さえしていないと主張している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking