「残念すぎる…」ニッカウィスキー”余市”の販売終了に悲鳴が殺到

Text by

  • 7
「NIKKA WHISKY」HP

「NIKKA WHISKY」HP

ニッカウィスキー「余市」が販売終了になる。

8月末出荷分で販売終了に

北海道新聞によると、アサヒビールが系列のニッカウィスキーのシングルモルト「余市」の販売を8月末出荷分で終了することを決めたという。

なお、販売終了後も「余市」というブランド名は残し、新商品で使う予定とされている。

すでに休売の商品も

「余市」は、ニッカの原点ともいえるシングルモルト。

ノンエイジと10年貯蔵、12年貯蔵、15年貯蔵、20年貯蔵という熟成期間の違う5種類が製造されているが、ニッカのホームページをみると「余市500ml」と「余市10年 180ml」はすでに休売となっている。

「マッサン」人気が影響

余市の販売終了が決まった背景には、昨年から今年にかけて放送されたNHK連続テレビ小説「マッサン」の影響がある。

ニッカウィスキー創業者竹鶴正孝とその妻をモデルとした「マッサン」の効果でウィスキーに注目が集まり、国内でウィスキーの売上が急伸。アサヒビールによると今年1~5月の売上高は前年同期比2.7倍になったという。

その影響で「原酒」が不足。ニッカウィスキーは今後、原酒を看板ブランド「竹鶴」に集中させる方針だ。

ネット上に嘆きの声が続々

余市の販売終了を受けて、ネット上には反響が殺到している。


余市ファンから嘆きの声が続々と集まっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking