「公共放送と言える?」安保法案採決の日に“国会中継をしないNHK”に怒りの声が殺到

Text by

  • 0
123RF

123RF

NHKが15日の国会中継をしないことに怒りの声が続出している。

安保法案が採決へ

15日、安全保障関連法案の締めくくりの総括質疑と法案の採決が行われる。

安保法案について野党側からは未だ反発の声が強く出ているが、与党側は審議時間が110時間を超えており審議は尽くされたとして総括質疑と法案の採決を行うことを提案。

法案は委員会で可決された後、16日にも衆議院本会議で可決して参議院に送られる方針だ。

NHKの国会中継ナシ

安保法案をめぐっては、多くの憲法学者が「違法」と指摘したり市民団体が法案反対の署名を提出するなど世間からの関心が強く、連日のようにニュースでも取り上げられている。

しかし、安保法案が山場を迎える15日、NHKは国会中継をしていない。

ネット上に怒りの声が続々

NHKが15日の国会中継を行わないことについて、ネット上には多くの反響が投稿されている。


「大事な日なのになぜ放送しない!」「これで公共放送と言えるのか?」など怒りの声が続々と寄せられている。

ネット中継にアクセス集中

NHKが国会中継を行わないことを受けて、インターネット中継にアクセスが殺到。

「衆議院インターネット審議中継」HP

審議をネット中継している「衆議院インターネット審議中継」はアクセスが集中し、視聴し難い状況となっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking