「ダメだったの?」来夏から“子連れ投票”解禁という報道に驚きの声が続出

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

来年の夏から「子連れ投票」が解禁となる見通しだ。

公職選挙法改正案を提出へ

日本経済新聞によると、秋の臨時国会に「公職選挙法改正案」が提出される方針だという。改正案の内容は、次の4点。

  • 投票所への子どもの同伴を全面的に解禁
  • 郵便投票の対象を広げる
  • 期日前投票の時間を早朝や夜間にも広げる
  • 選挙当日の投票を、市区町村内のどこの投票所でもできるようにする

子連れ投票などを解禁して投票しやすい環境を整えることで、投票率を向上させるのが狙い。来年夏の参院選からの導入を目指すという。

「知らなかった」という人が多数

子連れ投票の全面解禁等に関する改正案が提出されることを受けて、ネット上には多くの反響が寄せられている。


知らなかったという人や、子どもを連れて選挙に行っていたという人が多数いた。

認められるのは「やむを得ない事情がある場合」のみ

公職選挙法の第58条には次のような一文がある。

選挙人、投票所の事務に従事する者、投票所を監視する職権を有する者又は当該警察官でなければ、投票所に入ることができない。ただし、選挙人の同伴する幼児その他の選挙人とともに投票所に入ることについてやむを得ない事情がある者として投票管理者が認めたものについては、この限りでない。

子どもと投票所に入るのは、「やむをえない事情がある場合」のみ認められるとされている。

GLAYメンバーも子連れ投票を断られていた

子連れ投票は原則として認められていないが、容認している投票所も多い。しかし、中には子連れ投票を認めない投票所もあるようだ。

GLAYのボーカルTERUさんは2013年の参院選の投票に行った際、「小学生は一緒に会場に入れない」と子連れでの入場を断られたという。

 TERUさんは、「投票時のルールが厳しくなればなるほど、若い世代の投票率が悪くなるのではないか」と懸念を示していた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking