肥満防止につながる?第6の味覚「脂味」の存在が確認されたと話題に

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

「脂味」の存在が実験で確認されたという。

「第6の味覚を確認」と発表

米パデュー大学の研究者が、第6の味覚「脂味」があることを実験で確認したと発表。

「Oleo(油)」と「Gustus(味覚)」を合わせて「Oleogustus(オレオガスタス)」と呼ぶことを提案している。

「食感」と考えられていた

味覚は現在、「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「旨味」の5種類。

「脂」を味覚として感じられるかは以前から研究課題とされていたが、食感に影響を与える「脂」は味覚と区別することは難しいと考えられていた。

脂肪を液体に溶かしてテスト

研究チームは、脂肪酸等を溶かした液体でテストを実施。匂いや触感は同じになるようにして行った。

すると、多くの参加者が脂肪酸の有無を区別できたという。

ネット上に反響が続々

第6の味覚の存在が確認されたという発表に、ネット上には多くの反響が寄せられている。

  • 脂の感じ方は味覚だったんですね。意外や意外
  • ジロリアンは第6の味覚に気付いていたということか!!
  • 旨いものは脂っこいわけだ
  • 実にアメリカンな発見ですね
  • やっぱりそうやったんか
  • 脂味は 感じていたよ ずっと前から
  • 料理はうま味かあぶらで食べている、というのは料理関係者の間では常識だった
  • ちゃんと、味蕾に対応する受容体があるというのか?

驚きの声や「感覚的には知っていた」と納得する声が複数みられた一方で、「味覚を感じる受容体の存在が証明されたわけではない」として「存在を確認できたと言えるのか?」という指摘もあった。

健康被害への活用に期待

存在が確認された「脂味」は、今後どのように活用されるのだろうか?

脂肪分の摂りすぎによる肥満や健康被害の解決、新たな食品開発への活用などが期待される。

同様に脂味の研究を行っていたオーストラリアの研究者らは2010年、「脂味」を感じる敏感さが体重と関連しているという実験結果を発表している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking